矢沢永吉の借金

矢沢の2秒はお前らの一生という名言を残した矢沢ですが、与沢は秒速で稼ぐようです。

関係ないけど人造人間19号にそっくりなのは面白いですね。ドラゴンボール実写版が出たら
是非出演してもらいたいものです。出演料も稼げるし有名になるし儲かるしますます飛躍できますね。

それはさておき矢沢永吉はすりよってくる詐欺師に騙されて大きな額の借金を背負ってしまいました。
我々ならあっという間に自己破産しなければならない金額です。起業であれば倒産は間逃れないでしょう。
しかし我らがYAZAWAは違います。男の中の男です。逃げも隠れもせずに自己破産も任意整理も、
民事再生も一切せずに全額利子つきで耳を揃えて返しきりました。

さすがそこにシビれる憧れるという名セリフが今不意にあたまをよぎったところですが、
流石のYAZAWAも返済は2秒とは行きませんでした。それはそうです。
普通の人が10回生まれ変わっても返せない金額です。それを返しきるなんて、
人間業ではありません。神のレベルですね。矢沢永吉はオレたちの教祖ですが、
全てん働く男たちの教祖ともなり得る存在なのこの一見をもってしても疑う余地は無いでしょう。
ありがとう。と矢沢永吉の永ちゃんには言いたいと思います。感謝で目頭がつい熱くなりましたが、
もう一回声を大にして言いたいです!

旦那に内緒で債務整理バレない

債務整理は面倒

債務整理ってちょっと面倒です。なにがって感じが4文字熟語なので、かくのが大変です。

ひらがなでさいむせいりって書ければいいんですけど、頭が悪そうに見えてしまうのは、
ちょっと嫌なんです。そんなわけですが、どうしても債務整理をしなければいけません。
弁護士に相談してどの手段をとるのかちょっと作戦会議といったところですね。

でもいろんな案件を見てきましたが、こんなに真面目に生きていて借金地獄に苦しんでる人は
初めてですよお兄さん。と言われてしまいました。なんだかちょっと照れてしまいましたが、
テレビを見てたので、上の空で聞いていました。そして橋下弁護士に弁護してもらいたい
と思ったのです。なぜなら私はこんなおべんちゃらを言ってくる弁護士は嫌いだからです。

そして相談しに行ったつもりが弁護士の相談に載っていました。
何を言われたかというと、最近嫁と仲がよくないらしいです。○○○レスで、
この間浮気をしたのがバレたので、罰として毎日S○Xをさせられることになりました。
大変です。

そんなわけで何かこっちが相談料貰いたいよ。といったら無効から5000円払ってきました。
こんな金受け取れるか!見損なうな!と怒鳴って事務所を出ました。おしまい。

地道が一番

最近アースという美容院の創業者が出した本地道力というのを読みました。

底に書いてあるのはだれでもできることだけど、誰にもできないほど異常なくらい地道に
働くと成功できるよということでした。

普通は人は一週間に5日くらい働くと2日は休みたいものです。
しかしこの創業者の國分さんは一年間に元日の1日しか休まないそうです。
それを10年間がむしゃらに繰り返して大きな美容院チェーン店を作り上げました。

人間脇目を振らずに一つのことに集中して取り組めば、ここまで大きな成果が出せるものなのか
と驚きました。社長は美容師としての腕前には自信がなかったらしいですが、
自分は経営者になるんだと決めて最初の内は量でした他人を圧倒できなかったので
休まないで働き続けたのです。

普通はこれだけやると安心して一日くらいだらけてもいいやという気分になるものですが、
そうならないのは凄いです。

私も借金返済という大きな目標があるのですが、
休まずにコツコツと働こうと決心しました。

OLなんで土日は業務がないのですが、なにかアルバイトをしようと探しています。
一日働けば一万円くらいにはなるので頑張ろうと思います。

 

浪費癖の解消。

私は多額の借金を背負いましたが、その一番の原因が浪費です。

お金を浪費するとまるでこころがワクワクして凄い快感があるんです。
それがわすれられなくてついつい必要のないものの購入してしまいまし。

自分の給料にあった金銭感覚に戻す必要がありました。
私が浪費中毒に陥って膨らんでしまった金銭感覚は年収2000万くらいに人の感覚です。
私の給料は6分の1くらいなので、浪費もそれくらい落とさなければいけません。

海外旅行は国内旅行で満足できるように洋服はハイブランドではなく、
ノンブランドのデザインのかわいいもの。そして外食の食べ歩きをするのではなく、
料理の腕を磨くなんてお金が余りかからない趣味を持つことが重要です。

私のお世話になった弁護士さんは本当に親身になってくれる人で、
そういった金銭感覚を戻す部分もアドバイスしてくれました。

その御蔭もあって私の金銭感覚は段々正常に戻って行きました。
一度壊れると行くところまで言ってしまうものだなと恐ろしくなりました。

そして債務整理も行いました。任意整理で金利をストップして借金を一本化したので、
利息を返さなくていいためすごく楽になりました。そのかわりこれからクレジットカードは
作れなくなりました。浪費癖が復活しないためにこのペナルティはいいと思います。

そしてコツコツ給料の中から毎月返済して早く心の荷物を卸したいです。
借金は手かせ足かせなので全部払ってしまえばその開放感はかなりいいものだと思います。

友達からはお金を借りない

 

消費者金融からは贅沢をするために山ほどお金を借りて金銭感覚に麻痺していました。
世の中には色々な分野に麻痺している人もいます。時間を浪費することに麻痺していたり、
食べ過ぎることに麻痺していたり、浮気することに麻痺していたり色々です。
だけど、お金に麻痺するのはその中でもかなりたちが悪い部類では無いでしょうか。

そんなひどい状態の私でしたが、友達からは一銭も借りていませんでした。
それは私に友達がいないからではありませんし、お金を借りられるような信用が無いからでも
ありません。

私自身友達に時分の弱みを見せたくない性格で、どちらかと言えば姉御肌というか
頼られるのが好きなタイプで、自分が経済的に困っているところを絶対に知られたく
ありませんでした。

女の意地というか彼氏にもお金の無心はしませんでした。やっぱり人間関係にお金を
持ち込んだらまずいと思います。どうやったって友情や愛情にヒビが入ってしまうと思います。
多重債務者までに転落した私もそこまで落ちることはありませんでした。

表面的には誰も私が借金で困っていることを思いもしなかったでしょう。
事実誰にも気づかれませんでした。しかし心のなかでは焦りと不安がどんどん大きくなっていました。

そして他のサラ金から借りて別のサラ金の借金を返済するなんてことをやり出しました。
もうどうにもならないと心が悲鳴を揚げ出した時に軽いうつ状態に陥りました。
段々食欲もなくなり頭が働かなくなっていきました。

そんな時に債務整理の広告を仕事帰りの電車の中で発見しました。
これだと思って直ぐに電話をしましたが、その日は業務終了だったので、
次の日の朝から急いで連絡を取りました。

初めて法律事務所に足を運び弁護士さんに相談しました。
家族や友達に言えなかった悩みを専門家に吐き出して心がかなり楽になりました。
心の奥底が悲鳴をあげていたのに自分の中にしまいこんでいたのでかなりきつかったです。

それからわたしの債務整理が始まりました。

 

お金を返すためにお金を借りる

毎日のように贅沢を繰り返して、昼間は高いランチを食べていました。

支払いはクレジットカードを使い優雅な生活を満喫していました。
しかしそんな生活が長く続くはずもなく我が世の春を謳歌していたのもほんの数ヶ月のことです。

毎月の給料とボーナスだけでは借金が返済できずに時には滞るようになってきました。
サラ金に手を出した初期には簡単に返すことができていたのに、
末期ににはお金のやりくりで頭の中がいっぱいになって仕事も手につかないほどでした。

それでも金銭感覚が麻痺してしまっていたために節約するということが出来ませんでした。
借金を返済するためには支出を減らさなければいけないという小学生でも
わかる理屈をわからなくなっていたんです。我ながらとんでもない愚か者になってしまったと
今振り返ると思います。当時は何かに取り憑かれていたのかなとも思います。

そして禁断の手法に手を出してしまうわけです。そのまま借金を止めて債務整理をしておけば、
被害は拡大せずに済んだのに他の消費者金融からお金を借りるようになりました。
もちろん借金ですから利息がついて回ります。借金を借金でかえす状態のことを
一般的に自転車操業といいますが、まさしく止まったら転んでしまうから、
もう止めることが出来ない状態に陥っています。

そんな訳で泥沼にハマっていった私ですがあるとき目が醒めることになります。

http://xn--x0qz5ch3iu7d2ud9wn9uz70jys4b.com

債務整理福岡弁護士

多重債務に陥ってしまった理由

 

はじめまして。私はあるときをきっかけに多重債務に陥ってしまいました。
昔から親にはサラ金には絶対手を出しちゃダメだよと言われていたのですが、
一回だけなら大丈夫。すぐ返せば問題ないと思って思わず3万円だけキャシングしてしまいました。

しかしその時だけで済むはずもなく次から次えと債務が膨らんでいきました。
当時はしっかり働いていたのでお金も返せるので返済実績もついてキャッシング枠も
増えてきました。そうすると嬉しくなって他の会社のカードも作るようになりました。

そしてまるで自分のお金が増えたような気分になって贅沢品を購入するようになったのです。
高額なエステに通ったり、ヴィトンやプラダのバックやティファニーのネックレス、
指輪など装飾品などにお金を注ぎ込みました。それから食べ歩きが趣味だったので、
テレビや雑誌で話題になっていた美味しいと評判のレストランなんかにも行きました。
フレンチ、イタリアン、和食など色々です。

旅行も好きだったので海外旅行にも行ってきました。ハワイはもちろんのこと、
ヨーロッパや南米にも足を運びバカンスを満喫していました。

私は普通のOLをしていたのでそんな生活をしていればあっという間に破産するのも当然でした。
しかしその時は自分自身を客観的にみることが出来ずにまるでセレブ気分で過ごしていました。
収入と支出のバランスなんて現実的なことを考えられなかったんですね。