友達からはお金を借りない

 

消費者金融からは贅沢をするために山ほどお金を借りて金銭感覚に麻痺していました。
世の中には色々な分野に麻痺している人もいます。時間を浪費することに麻痺していたり、
食べ過ぎることに麻痺していたり、浮気することに麻痺していたり色々です。
だけど、お金に麻痺するのはその中でもかなりたちが悪い部類では無いでしょうか。

そんなひどい状態の私でしたが、友達からは一銭も借りていませんでした。
それは私に友達がいないからではありませんし、お金を借りられるような信用が無いからでも
ありません。

私自身友達に時分の弱みを見せたくない性格で、どちらかと言えば姉御肌というか
頼られるのが好きなタイプで、自分が経済的に困っているところを絶対に知られたく
ありませんでした。

女の意地というか彼氏にもお金の無心はしませんでした。やっぱり人間関係にお金を
持ち込んだらまずいと思います。どうやったって友情や愛情にヒビが入ってしまうと思います。
多重債務者までに転落した私もそこまで落ちることはありませんでした。

表面的には誰も私が借金で困っていることを思いもしなかったでしょう。
事実誰にも気づかれませんでした。しかし心のなかでは焦りと不安がどんどん大きくなっていました。

そして他のサラ金から借りて別のサラ金の借金を返済するなんてことをやり出しました。
もうどうにもならないと心が悲鳴を揚げ出した時に軽いうつ状態に陥りました。
段々食欲もなくなり頭が働かなくなっていきました。

そんな時に債務整理の広告を仕事帰りの電車の中で発見しました。
これだと思って直ぐに電話をしましたが、その日は業務終了だったので、
次の日の朝から急いで連絡を取りました。

初めて法律事務所に足を運び弁護士さんに相談しました。
家族や友達に言えなかった悩みを専門家に吐き出して心がかなり楽になりました。
心の奥底が悲鳴をあげていたのに自分の中にしまいこんでいたのでかなりきつかったです。

それからわたしの債務整理が始まりました。

 

お金を返すためにお金を借りる

毎日のように贅沢を繰り返して、昼間は高いランチを食べていました。

支払いはクレジットカードを使い優雅な生活を満喫していました。
しかしそんな生活が長く続くはずもなく我が世の春を謳歌していたのもほんの数ヶ月のことです。

毎月の給料とボーナスだけでは借金が返済できずに時には滞るようになってきました。
サラ金に手を出した初期には簡単に返すことができていたのに、
末期ににはお金のやりくりで頭の中がいっぱいになって仕事も手につかないほどでした。

それでも金銭感覚が麻痺してしまっていたために節約するということが出来ませんでした。
借金を返済するためには支出を減らさなければいけないという小学生でも
わかる理屈をわからなくなっていたんです。我ながらとんでもない愚か者になってしまったと
今振り返ると思います。当時は何かに取り憑かれていたのかなとも思います。

そして禁断の手法に手を出してしまうわけです。そのまま借金を止めて債務整理をしておけば、
被害は拡大せずに済んだのに他の消費者金融からお金を借りるようになりました。
もちろん借金ですから利息がついて回ります。借金を借金でかえす状態のことを
一般的に自転車操業といいますが、まさしく止まったら転んでしまうから、
もう止めることが出来ない状態に陥っています。

そんな訳で泥沼にハマっていった私ですがあるとき目が醒めることになります。

http://xn--x0qz5ch3iu7d2ud9wn9uz70jys4b.com

債務整理福岡弁護士

多重債務に陥ってしまった理由

 

はじめまして。私はあるときをきっかけに多重債務に陥ってしまいました。
昔から親にはサラ金には絶対手を出しちゃダメだよと言われていたのですが、
一回だけなら大丈夫。すぐ返せば問題ないと思って思わず3万円だけキャシングしてしまいました。

しかしその時だけで済むはずもなく次から次えと債務が膨らんでいきました。
当時はしっかり働いていたのでお金も返せるので返済実績もついてキャッシング枠も
増えてきました。そうすると嬉しくなって他の会社のカードも作るようになりました。

そしてまるで自分のお金が増えたような気分になって贅沢品を購入するようになったのです。
高額なエステに通ったり、ヴィトンやプラダのバックやティファニーのネックレス、
指輪など装飾品などにお金を注ぎ込みました。それから食べ歩きが趣味だったので、
テレビや雑誌で話題になっていた美味しいと評判のレストランなんかにも行きました。
フレンチ、イタリアン、和食など色々です。

旅行も好きだったので海外旅行にも行ってきました。ハワイはもちろんのこと、
ヨーロッパや南米にも足を運びバカンスを満喫していました。

私は普通のOLをしていたのでそんな生活をしていればあっという間に破産するのも当然でした。
しかしその時は自分自身を客観的にみることが出来ずにまるでセレブ気分で過ごしていました。
収入と支出のバランスなんて現実的なことを考えられなかったんですね。